発達段階を無視した教育が子どもの成長を阻害する

児童福祉法では以下のように定められています。

(第一章 第二条)「全て国民は、児童が良好な環境において生まれ、かつ、社会のあらゆる分野において、児童の年齢及び発達の程度に応じて、その意見が尊重され、その最善の利益が優先して考慮され、心身ともに健やかに育成されるよう努めなければならない」

児童の教育、育成に関わる者は発達の順序等について十分に理解し、個々の発達状況を考慮した関わらなければなりません。

発達には、順序があり、必ず順番通りに獲得していきます。通常は各段階を飛び越えることはありません。発達段階を無視した教育は子どもの成長を阻害し、心身に大きなダメージを与えかねません。 

個々に適した発達を促す基礎運動や環境刺激を提供する

児童の教育、育成に関わる者は発達段階を理解し、さらに個体差についての知識を身に着ける必要があります。その上で感覚器の発達と身体機能や脳の発達との関係を学び、個々に適した発達を促す基礎運動や環境刺激を提供すること好ましい。児童基礎体力育成協会ではすべての子どもの健全な成長を望んでおります。特に対応が難しいと言われる発達障がい等の児童への適切な指導方法の提案等にも力をいれています。

床材は世界最高水準の抗菌性と安全性を誇る運動用特殊マット(日本特殊畳製)を採用!!

お問合せは 072-340-0174(みらいキッズ塾)まで


一般社団法人 児童基礎体力育成協会 

 

文武両道の放課後等デイサービス

「みらいキッズ塾」

 

「みらいスポーツアカデミー」

 

大阪府堺市中区福田512-2 

TEL/FAX 072-340-0174(みらいキッズ塾)